Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_1

 

山梨からブラジル、インド、銀座、そして御徒町。
ジュエリーにまつわる地をめぐり生まれ育ったSISTINAの旅。

 

jos_1n

Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_2

 

システィーナの創業者・高見澤浩は山梨に生まれ、父親の仕事(造船)の関係で生後4ヶ月より12年間ブラジルのリオデジャネイロで過ごしました。

日本を代表するジュエリー生産地である山梨から世界有数のジュエリー産出国であるブラジルへ。
この旅立ちがSISTINAのはじまりへと繋がっていきます。

帰国した高見澤は大学卒業後、ブラジルと関わりのある仕事を夢見て宝石の専門商社に入社しました。

希望したブラジルでなくインドのダイヤモンドセクションのバイヤー担当になりましたが、商談を通じ数学ををはじめとした独自の文化の魅力に触れ、インドの環境に自然に順応しました。

27歳でセクションの責任者となり、勤務していた商社は世界のダイヤの8割以上を研磨する国のインド政府よりダイヤモンド輸入額最多商社として「ハイエスト・インポーター賞」を受賞しました。

その後独立し、1995年に株式会社ケントップインターナショナルを設立。日本のジュエリー問屋の中心地、御徒町でダイヤモンド買付・輸入・卸の会社を始めました。

 

jos_2n

Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_3

 

4年後の1999年、SISTINAがはじまります。
SISTINAの名は創業者、高見澤浩の「身につける人に煌くような感動と笑顔を運ぶジュエリーを」という想いから、ジュエリーと同じように作り手の思いを宿し長い年月にも褪せることない美しさで今も私たちを魅了させるシスティーナ礼拝堂に因み生まれました。
株式会社システィーナを設立し、「ダイヤモンドジュエリーサロンSistina」としてネットショップを開設します。ダイヤモンドの輸入商社を親会社に持つメリットを生かした、高品質でリーズナブルなオリジナルジュエリーの制作・販売を開始しました。

2011年には実店舗、銀座店をオープン。
銀座四丁目、アントニオ・レーモンド設計による教文館・聖書館ビルに出店しました。

それに伴い国内屈指のクラフトマンが揃う工房をグループに加え、ブライダルジュエリーの取り扱いをはじめました。
高品質かつ細やかなオーダーに対応できるSISTINAのスタイルが確立されます。

 

jos_3n

Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_4

 

2013年、Dolceを皮切りにファッションジュエリーのラインを開始。
以降Torte、Spumaなど、個性的過ぎず洗練されたデザインを追及してきました。

さらに2014年にはLiLiNaを発表。
高見澤の友人であり、映画コメンテーター、声優、女優として活躍するLiLiCoのジュエリーデザイナーとしてのデビューコラボレーション。LiLiCoの生まれ故郷スウェーデンで幸福のシンボルといわれる馬蹄や、LiLiCoが最も好きなモチーフであるハートのペンダントが製作されました。

 

jos_4n

Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_5

 

2015年、工房やバイヤーとの更なる連携のため銀座店を閉店。
本社とともに御徒町の中心、上野5丁目へ移転しました。

今まで以上に専門性の高いスタッフが店舗に常駐することで、より綿密なオーダーに対応できるようになりました。さらにダイヤモンドのグレードを選べるオンラインセミオーダーサービスの開始など、手軽なオーダーも充実しました。

SISTINAの新しい旅の始まりです。

 

jos_5n

婚約指輪で人気の誕生石と宝石のパワー

2015.10.10

Follow Us

Twitter

facebook

≪婚約指輪の石入りが人気≫

婚約指輪というとダイヤモンドですが、現在では誕生石などダイヤ以外の宝石を選ぶカップルも増えています。

≪月別の誕生石と石のパワー≫

そこで誕生月との誕生石とその効果をご紹介します。

【1月 ガーネット】色々な色があるガーネットはパワーが強く「聖なる石」として重宝されてきました。古くから実りの象徴とされ成功に導いてくれます。

【2月 アメジスト】高貴な紫色をしたアメジストは浄化効果が高く、精神を安定させ、困難を乗り越えていけるパワーを与えてくれます。

【3月 アクアマリン】大海原のように許容し、包み込むエネルギーを持っています。身につけることで心に平安をもたらして、前進する力を与えてくれます。

【4月 ダイヤモンド】永遠の愛の証しとされるダイヤモンド。絆を深め、富や財産を引き寄せるという強いパワーを持っています。

【5月 エメラルド】強いヒーリングパワーを持っており、悪意などネガティブなエネルギーを跳ね返し、守ってくれます。

【6月 ムーンストーン】月の力を宿した石といわれ、女性的な魅力を引き出し、恋愛を成就させて、幸せな結婚へと導くといわれています。

【7月 ルビー】宝石の女王といわれるルビーは恋愛と仕事への情熱を高め、前向きなパワーを与えてくれます。

【8月 ペリドット】明るい希望と勇気をもたらす石です。内面を輝かせ、人間関係の改善を図るので夫婦和合にもおすすめです。

【9月 サファイア】理性と知恵を象徴し、優雅さや聡明さを高めるといわれています。仕事運のアップにおすすめです。

【10月 オパール】出会いや変化をもたらし、問題を乗り越える力があるので、転職や引っ越しなど環境が変わる時に、身につけると良いでしょう。

【11月 トパーズ】運命的な出会いをもたらし、多くのチャンスを引き寄せるため、婚活中や本命の恋人を求めている人におすすめです。

【12月 タンザナイト】アフリカのタンザナイトで発見されたのが名前の由来です。心身を癒し気持ちを前向きにして人生を良い方向に導いてくれます。

ダイヤ入り婚約指輪のお手入れ方法

2015.10.10

Follow Us

Twitter

facebook

≪汚れがつきやすいダイヤモンド≫
ダイヤの婚約指輪はせっかく貰っても、石が傷つきそうで普段はつけないという人が多いようです。
一番硬い鉱物として有名なダイヤですが、
熱伝導がよく人間の皮脂などの油分を吸着しやすい性質があります。
そのため、ダイヤの婚約指輪やネックレスを身に着けていると皮膚や化粧品の油などが付着し、
表面の輝きを鈍らせてしまいます。
そこで数カ月に一度くらいはお手入れすることおすすめします。

≪ダイヤの婚約指輪のお手入れ方法≫
お手入れする場合は少量の中性洗剤とぬるま湯を混ぜ合わせたものを使用してください。
やわらかくなった歯ブラシなどで丁寧に洗えば、ほとんどの汚れは落ちます。
頑固な汚れの場合、中性洗剤とぬるま湯を混ぜ合わせた液を濃い目に作って、
一日漬けおきしてから同様に洗うとよいでしょう。
最後は洗剤が残らないようによくすすぎ、タオルなどでふき取り、よく乾燥させてください。
また、宝石を留めてある爪(セッティング)部分は、年数と共に弱ってきて石がグラグラしてくるので、
お手入れの時はセッティング部分を傷つけないようにお手入れしてください。

【ダイヤモンドお手入れ時の注意点】
① 手を拭いた後のタオルで婚約指輪を拭かない:先にタオルで手を拭くと手の皮脂がタオルに付着し、
せっかく洗ったにも関わらず汚れを石に付けてしまいます。
② 傷つかないように袋などで個別に保存:他のジュエリーと一緒に保存すると、擦れたて傷つき、
輝きも鈍ってしまうので他の石と接触しないケースや袋に個別に保管しましょう。
③ セッティング部分をチェック:婚約指輪を長年つけていると石を留める爪の部分が緩む場合があるので、
時々は石を軽く押してみて、宝石が動かないかをチェックしましょう。
④ 超音波振動のクリーナーの使用:石の内部にキズがあると割れたり、爪が緩んでいると石が取れることもあるので、超音波振動のクリーナーを使う時は十分に注意しましょう。

婚約指輪でおすすめのエタニティリングの種類

2015.10.10

Follow Us

Twitter

facebook

≪永遠の愛を意味するエタニティリング≫
エタニティリングとは、リングの周りに同サイズかつ、
同カットの宝石が途切れることなく留められているデザインです。
途切れることなく続くデザインが「永遠」を連想させることと日常使いにも向いているとあって、
人気は年々高まっています。

≪エタニティリングの種類≫
リング周りすべてに宝石がついているフルエタニティと、
半周に宝石がついているハーフエタニティがあります。
フルエタニティの方が豪華ですが、ハーフエタニティはサイズ直しがしやすく、
リーズナブルで気兼ねなく普段使いできるなどメリットがあります。

≪宝石の留め方と特徴≫
また、エタニティは石の留め方にも種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

【共有爪留め】
一つの爪で両サイド2個のダイヤモンドを留める方法です。
石の安定感は劣りますが、爪が少ないため宝石の輝きも目立ち、繊細な印象となります。
【四点石留め】
宝石1つにつき4つの爪で留める方法です。
1つ石が落ちても周りの石には影響しないため、宝石の安定感があります。
金属が多いのでごつい印象を与えます。
【レール留め】
リングの両サイドの地金でレールをつくり、宝石をレールの内側に入れて、
石の両サイドを挟み込む方法です。
爪が無いため服などにひっかけにくいというメリットがあります。
細いエタニティリングでよく利用される留め方です。
このように石の留め方もさまざまです。
宝石の輝きを大事にしたいなら共有爪留めがおすすめです。
普段気兼ねなくつけたいならハーフエテニティや爪のない頑丈な四点留めがおすすめです。
エタニティは地金の色によってもずいぶん見た目が変わります。
婚約指輪で定番のプラチナ、K18ホワイトは上品で洗練された雰囲気、
イエローゴールドは華やか、ピンクゴールドは抑えめで優しい感じになります。
手肌の色によっても似合う地金が異なるので、実際につけてみて選んでください。

東京御徒町駅からすぐの所にあるシスティーナはダイヤモンドの買付・輸入・卸を行っているため、
仲介料不要で高品質の宝石を買い付けることが可能です。
そのため、リーズナブル価格でダイヤを販売しています。
エタニティほか高品質のダイヤを使用した婚約指輪を取りそろえていますので、
婚約指輪を購入される際はお気軽にご相談ください。

幸運を呼ぶといわれる婚約指輪で人気のモチーフ

2015.10.10

Follow Us

Twitter

facebook

≪幸運を呼ぶモチーフ≫
婚約指輪は立て爪のダイヤモンドリングが定番でしたが、
現在ではハートや星などの幸運を呼ぶといわれるデザインに人気が集まっています。
これら幸運を呼ぶモチーフを「ラッキーチャーム」といいますが、
これは日本でいうところの「お守り」のような物で、
欧米では昔から魔除けやお守りとして身につけられてきました。

≪代表的な幸運のモチーフ≫
欧米のラッキーチャームで最も有名なのが馬蹄です。
馬を交通手段として使っていた昔のヨーロッパでは、
馬蹄は魔除けや幸運を運ぶお守りとして愛されていました。
そのため馬蹄をドアの横にかけるという風習がありましたが、今でもその風習は続いています。
また、日本でも馬蹄のアクセサリーが販売されていますが、
ほかにも幸運を運ぶとされるモチーフはたくさんあります。

≪婚約指輪で人気のモチーフ≫
現在では婚約指輪のデザインも様々あり、とくに幸運を運ぶとされるモチーフは人気となっています。

【ハート】愛のシンボルとして時代を問わず幅広い世代に愛されているモチーフです。
恋人や親から贈られるハートのモチーフのアクセサリーは、幸せな結婚に導くといわれています。

【星】流れ星を見ると願い事をかけますが、光の象徴でもある星は希望や運命の意味を持っています。
また、星の形である五角形は古くから魔除けの力があるとされてきたこともあり、
男女問わず愛されているモチーフです。

【四つ葉のクローバー】
見つけると幸せになれるという言い伝えがある四つ葉のクローバーは、
ヨーロッパでも幸運のシンボルとして有名です。
4つの葉にはそれぞれ「愛情・健康・名声・財産」の意味が込められています。

【月】
満ち欠けし姿を変える月は成長のシンボルであり、
また身につける人の気を浄化し整える効果があるといわれています。
さらに、周期で満ち欠けする月のモチーフは情や財産が増えるとされています。
【クロス(十字架)】
クロスは太古から土・水・火・風の4元素を表しているとされていました。
またキリストのシンボルであるクロスは身に着ける人にミラクルな力を与え、
災いから身を守るといわれています。

システィーナでは幸せな結婚に導くといわれるハートのモチーフを使った婚約指輪を種類豊富に取り揃えております。
ご結婚が決まったら、お気軽に当店にご相談ください。

婚約指輪でよくみる一粒石ソリティアとは

2015.10.10

Follow Us

Twitter

facebook

≪婚約指輪で人気のソリティア≫
婚約指輪で昔から人気なのが「ソリティア」です。
ソリティアとは昔から人気のある一粒石のことで、
リングの真ん中にダイヤモンドを一粒だけ留めたデザインです。
長年ソリティアが不動の人気なのは、
シンプルなデザインでダイヤモンドの美しさがもっとも際立つからではないでしょうか。

≪ソリティアの語源≫
ソリティアはフランス語の「ソリテール」という言葉からきています。
「ソリテール」とは「単独」の意味で、一粒だけ単独で留められた宝石を表現しています。
ダイヤモンドの形や大きさ、石の留め方や地金の色などによっても、
ガラリと雰囲気が変わるのがソリティアの面白いところで、
ダイヤの質にこだわった婚約指輪を探している人におすすめです。

≪ソリティアの種類≫
ソリティアにも石の留め方によって種類があります。
ダイヤモンドを爪で留める「爪あり(立て爪)」と、
爪ではなく他の方法で留めた「爪なし」の二種類あります。

【爪あり(立て爪)】
4本または6本の爪でダイヤモンドを留めるデザインなので、光を多く取り込みよく輝きます。
ダイヤの婚約指輪が流行していた1970年代では、この立て爪が主流でした。
しかし、現代は家事をしにくいことや普段つけにくいデザインということもあり、
ソリティア自体の人気が下降しています。

【爪なし】
ダイヤなど宝石をアームに埋め込むデザインです。
デザインにもよりますが、立て爪より洗練された印象となります。
立て爪のように洋服にひっかけたり、ぶつけて石が傷つくことがないため使いやすく、
最近は爪ありのソリティアよりも人気が高いようです。

システィーナではダイヤモンドの婚約指輪をバリエーション豊富にとり揃えています。
当店ではダイヤモンドの品質に誇りを持っており、婚約指輪に使用するダイヤモンドには、
第三者の鑑定機関による鑑定書が付属しますので、安心してお求めいただけます。

店舗来店予約

ダイヤモンドやジュエリーに詳しい専門スタッフがお客様にぴったりのリング探しをお手伝いいたします。