Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_1

 

山梨からブラジル、インド、銀座、そして御徒町。
ジュエリーにまつわる地をめぐり生まれ育ったSISTINAの旅。

 

jos_1n

Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_2

 

システィーナの創業者・高見澤浩は山梨に生まれ、父親の仕事(造船)の関係で生後4ヶ月より12年間ブラジルのリオデジャネイロで過ごしました。

日本を代表するジュエリー生産地である山梨から世界有数のジュエリー産出国であるブラジルへ。
この旅立ちがSISTINAのはじまりへと繋がっていきます。

帰国した高見澤は大学卒業後、ブラジルと関わりのある仕事を夢見て宝石の専門商社に入社しました。

希望したブラジルでなくインドのダイヤモンドセクションのバイヤー担当になりましたが、商談を通じ数学ををはじめとした独自の文化の魅力に触れ、インドの環境に自然に順応しました。

27歳でセクションの責任者となり、勤務していた商社は世界のダイヤの8割以上を研磨する国のインド政府よりダイヤモンド輸入額最多商社として「ハイエスト・インポーター賞」を受賞しました。

その後独立し、1995年に株式会社ケントップインターナショナルを設立。日本のジュエリー問屋の中心地、御徒町でダイヤモンド買付・輸入・卸の会社を始めました。

 

jos_2n

Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_3

 

4年後の1999年、SISTINAがはじまります。
SISTINAの名は創業者、高見澤浩の「身につける人に煌くような感動と笑顔を運ぶジュエリーを」という想いから、ジュエリーと同じように作り手の思いを宿し長い年月にも褪せることない美しさで今も私たちを魅了させるシスティーナ礼拝堂に因み生まれました。
株式会社システィーナを設立し、「ダイヤモンドジュエリーサロンSistina」としてネットショップを開設します。ダイヤモンドの輸入商社を親会社に持つメリットを生かした、高品質でリーズナブルなオリジナルジュエリーの制作・販売を開始しました。

2011年には実店舗、銀座店をオープン。
銀座四丁目、アントニオ・レーモンド設計による教文館・聖書館ビルに出店しました。

それに伴い国内屈指のクラフトマンが揃う工房をグループに加え、ブライダルジュエリーの取り扱いをはじめました。
高品質かつ細やかなオーダーに対応できるSISTINAのスタイルが確立されます。

 

jos_3n

Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_4

 

2013年、Dolceを皮切りにファッションジュエリーのラインを開始。
以降Torte、Spumaなど、個性的過ぎず洗練されたデザインを追及してきました。

さらに2014年にはLiLiNaを発表。
高見澤の友人であり、映画コメンテーター、声優、女優として活躍するLiLiCoのジュエリーデザイナーとしてのデビューコラボレーション。LiLiCoの生まれ故郷スウェーデンで幸福のシンボルといわれる馬蹄や、LiLiCoが最も好きなモチーフであるハートのペンダントが製作されました。

 

jos_4n

Journey of SISTINA

2015.10.16

Follow Us

Twitter

facebook

jos_5

 

2015年、工房やバイヤーとの更なる連携のため銀座店を閉店。
本社とともに御徒町の中心、上野5丁目へ移転しました。

今まで以上に専門性の高いスタッフが店舗に常駐することで、より綿密なオーダーに対応できるようになりました。さらにダイヤモンドのグレードを選べるオンラインセミオーダーサービスの開始など、手軽なオーダーも充実しました。

SISTINAの新しい旅の始まりです。

 

jos_5n

店舗来店予約

ダイヤモンドやジュエリーに詳しい専門スタッフがお客様にぴったりのリング探しをお手伝いいたします。